看護師のやりがいと現実

好きなことでは食べていけないと看護師に転職
Home  > 看護師としてのやりがい  > 好きなことでは食べていけないと看護師に転職

好きなことでは食べていけないと看護師に転職

好きな仕事の職人では食べていけず

私は転職して看護師になりました。現在30代、既婚で子育てしながらクリニックに勤務しています。最初、私が高校を卒業した後に就いた職業は、職人の世界でした。3年半勤めたのですが、そこで職人の肩書きややりがいは得られたけど、生活ができないことを実感しました。普段の月収は14万円程度でした。週に6日働き、繁忙期には休みはありません。それでこの金額しかもらえない現実を目の当たりにし、もっと生活が楽になるような仕事に転職するために一旦地元に戻りました。そして、母が看護師だったことから看護師資格を取得するよう勧められ、看護学校へと進学しました。

総合病院から結婚を機にクリニックへ

看護学校卒業後は、総合病院のオペ室に2年ほど勤務していました。結婚と同時に引っ越すことになってそこを退職し、すぐに子どもが欲しかったので、引っ越し先では夜勤のないクリニックに就職しました。そこは透析専門のクリニックで、現在5年目、副主任をしています。

自分の経験の積み重ねがやりがいに

私はかなり現実的な理由で看護師になったので、看護師という仕事に特に思い入れはないほうだと思います。それでも、新たに進む医学のことをドクターから教えてもらったり、先輩に看護の話を聞いたりして、自分自身の経験を積んでいけるところにやりがいを感じます。私は自分をあまり優しい人間ではないと思っているので、患者さんから感謝の言葉をかけられてもあまり実感はありません。しかし、対人間関係の仕事ですから、直接患者さんのリアクションを見ることができるのでそれも励みになります。

クリニックならではの悩みもあり

ただ、小さなクリニックですので、院長先生の思惑で給料さえも簡単に変わってしまいます。いま院長先生は人件費を削ることに躍起になっていて、看護師の人数を減らし、その分残った私たちに何から何まで全部させています。それなのに給料は上がりません。その様な仕打ちを受けると、別にこのクリニックで頑張る必要はないのではとも考えてしまい、正直辞めたくなってきています。

看護師になってよかった

それでも、看護師自体を辞めようとは考えたことはありません。看護師は、自分自身を高めることのできる職種です。仕事を通して成長したいなら、看護師という職業は打ってつけだと思います。体のことは自分自身生活にも当てはまります。自分のことだと思えば学びたい気持ちは失せません。
▲このページのトップへ